従業員の働き方について、これまで通りの考え方では通用しなくなってきており、

人材を活かしていくためには、中小製造業の経営者としても意識改革の必要に迫られていると感じます。

そこで先日以下の2冊の書籍を通読しました。

「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」

「人材覚醒経済」


いろいろな示唆に富んでいる書籍なのですが、私なりに集約して、一枚の図にまとめてみたのが

以下のものです。とりわけ「新しいモデル」として描いた図をイメージできるかどうか。

つまり100歳まで生きることを前提に、技術進歩やグローバル化なども頭に入れつつ、

どのように時間の組み替えを行っていくべきか。この辺りが重要だと考えます。



ちなみにある企業では、この概念図を基にしながら、従業員に対して、新しいスキルを積極的に学んでもらう制度の

検討に入りました。

皆さんの会社でもご参考になれば幸いです。